メニュー

プロミスなら早くにお金が借りられる

多くある消費者金融のカードローンサービスの中でも、プロミスはとにかく早くにお金が借りられると評判になっています。申し込みを行ったその日のうちにも借りられるので、すぐにお金が必要な状況があったとしても、プロミスを選んでおけば間違いはありません。

 

地域別のプロミス借り入れ方法

 

審査の基準を満たせない、申し込み条件を満たせずに手続きに入れないとなるとさすがに話にはなりませんが、とりあえずの申し込みの条件を満たす方で安定した収入をお持ちの方であれば、プロミスの審査通過も十分に可能となります。

 

一昔前と比べると審査基準が厳しくなっているプロミスを含む消費者金融業界も、厳しいとは言ってもそこまで借りにくいわけではありません。アルバイトやパートによる収入であるとしても、毎月の給料が安定していればプロミスで借りられる可能性はあるのです。

 

早くにプロミスで借りる方法

プロミスでの借り入れ方法はいくつかありますが、申し込み当日に素早く借りるとなると方法は主に二通りに限られます。申し込みから契約、借り入れまで来店不要とするWeb契約の振り込み融資か、プロミス契約機を利用してカードを受け取り、プロミスATMや提携ATMで借りる方法です。

 

どちらも最短即日での利用開始が可能となっており、それぞれに利点と欠点があります。当日中に借りるための手続き可能時間にも違いがあるため、どのように借りるかだけでなく今の曜日や時間も含めて手続きの進め方を考えておかないと、その日のうちに早くにプロミスで借りることができなくなります。

 

数日中に借りられれば良いといった場合であればそこまでその日のうちの契約にこだわる必要はなくなりますが、どうしても当日中に必要、今日プロミスで借りられなければ意味がないといった状況では、早くに借りる方法と条件はしっかりと知っておく必要があります。

 

平日の昼間ならWeb契約でも可能

プロミスでその日のうちに借りるとした場合には、平日の昼間なら来店不要のWeb契約による振り込み融資でも対応が可能です。プロミスでは平日14時までのWeb契約を完了させると最短即日の振り込み融資も可能としているためで、曜日と時間の条件が満たせるなら手間がかからない来店不要のWeb契約でその日のうちに借りられます。

 

ただ、手軽である反面で気をつけておきたいのは、必ず14時に契約が終わるとは限らない点です。プロミスは審査回答は最短30分とスピーディではありますが、申し込みの内容や審査の進み具合によっては30分を超えて時間がかかる場合があり、契約手続きに関しても時間を要してしまう可能性があります。

 

審査が30分で終わり、その後の契約も30分程度で終わると考えれば13時までに申し込みをすればWeb契約でも当日中に借りられるように考えられますが、審査回答が1時間かかる場合や、契約がずれ込む可能性があるので、来店不要のWeb契約でプロミスからその日のうちに借りようとすると、どうしても不確定要素が多くなってしまうのです。

 

曜日を問わず時間に余裕を持って借りる

銀行振り込みでは曜日や時間に余裕がなく、その日のうちに借りられない場合も多くあります。週末の土日などの銀行が営業をしていない曜日や、14時を過ぎている場合などです。

 

振り込みの時間外となると銀行振り込みではプロミスからは借りられませんが、何もプロミスからの融資そのものが不可となるわけではありません。地域によっては設置がされているプロミスの契約機を利用すれば、振り込みでの対応時間外でもその日のうちの借り入れも可能となります。

 

契約機ならネット申し込み後に利用をすれば土日でも最短即日の契約とカードの受け取りも可能で、受け取ったカードでATMでの借り入れが行えるようになります。契約機の設置自体も非常に多く、プロミスではプロミス柏市での設置が確認できるように、全国各地に契約機を設置しています。

 

自宅から最寄の契約機でなくても出先のプロミス契約機の利用も可能となっているため、知り合いに見られたくないと考える方は少し離れた場所のプロミス契約機を利用しても構いません。

 

銀行のローン契約機も使える

離れた場所であっても消費者金融のプロミス契約機を利用するのは抵抗があるといった方は、三井住友銀行のローン契約機を利用しても問題ありません。プロミスでの契約はプロミス契約機だけでなく、三井住友銀行のローン契約機も利用ができるので、どちらかを選んで手続きが進められるようになっています。

 

三井住友銀行のローン契約機は設置地域が限られますが、設置がされている地域なら手続きが進めやすい利点があります。プロミスの契約機を利用するのは抵抗があるとしても、銀行のローン契約機なら入りやすく、利用もしやすいと言えます。

 

また、三井住友銀行のローン契約機はローンの申し込みや契約だけに利用をするわけではなく、口座開設などの各種手続きでも利用をするものとなります。そのため、三井住友銀行ローン契約機に入るところを誰かに見られたとしても、その時点ではカードローンの契約をしているとは分からないのです。

 

設置場所は事前に調べておく必要がある
便利で頼れる三井住友銀行のローン契約機ですが、設置場所はプロミスの契約機よりも大幅に狭く、設置数も少なくなります。利用をする際には設置がある地域かの確認が欠かせず、設置がない場合にはWeb契約かプロミス契約機を利用するしかありません。

 

都市部であればプロミス足立区での契約と同様に三井住友銀行のローン契約機が利用できますが、地方となると設置がない場合がほとんどです。三井住友銀行の店舗自体の設置がないのでどうにもなりませんが、利用をする際にはまずは事前の確認が重要となります。

 

手軽さから消費者金融は来店不要のWeb契約ばかりが注目されますが、プロミスのように契約機を利用する早い手続きも忘れてはなりません。特に急ぎで借りたい場合にはWeb契約よりもネット申し込み後の契約機の利用が優れるので、早くにお金を借りるなら外せない手続きの進め方と言えるでしょう。